既存のビジネスだけではなく、新しいビジネスモデルを構築し、展開していきたいと思っている企業様はたくさんあるでしょう。
幹になる事業を調査・分析して、ビジネスの流れをシミュレーション、そこに枝葉となりえる事業を考え、またそこでもニーズや顧客等を仮定してシミュレーションする。
そして社会状況やニーズを見ながら各枝葉の事業を優先順位を決めてビジネスを展開していき、最終的に幹を太く、丈夫にしていくのです。
 

 
言わずと知れた「三方良し」の法則。
近江商人の素晴らしい精神を、もう一度見直してみましょう。

三方良しとは・・・
売り手も買い手も、お互いに得をするような商取引をする。
売り手は「買ってくれてありがとう」と感謝し、また買い手「売ってくれてありがとう」と感謝するような取引をする。ひいては、その商いが社会全体に貢献できるようなものにせよ、という近江商人の精神です。

売り手と買い手だけが満足するのではない、その先にある社会全体に貢献できるものこそ、成功するビジネスなのです。
 
 
新しいビジネスモデルを作るには、まず、現在あなたの企業がどのようなビジネス環境になるのかをしっかりと把握し、自社の業務の棚卸をする必要があります。

自社の強みは何か?
自社を取り巻く外部環境は?
・社会状況
・同業他社の動向
・類似産業の動向 等
 
 
○顧客ターゲット
顧客ターゲットを仮定します。
年齢
性別
生活層
趣味嗜好 等

仮定した顧客ターゲット層にニーズがあるのかどうか等、より具体的に仮定します。

○商品・サービス
商品・サービスの絞込みをします。
ライバル商品は?
同業他社が同じ事業をしていないか?
競合が多い→後発事業はあまり成功が望めない
 
 
○美術教室のポータルサイト
美術教室に特化した検索サイト。
競合他社がなく、日本初のサービス。
ジャンルは5つ、細かい条件に応じた検索が可能で、教室の情報、生徒の作品、講師の作品を投稿することができる。

アートプロジェクト第2弾も準備されており、更なるビジネス展開が予想される。
 
 
新しいビジネスモデル構想を含めた
総合的なホームページ制作をご希望なら・・・
お気軽にお問い合わせください。